看護師の年収と忙しさは比例するのか?

看護師のみなさんが抱いている素朴な疑問をひとつ知りました。それは何かというと、「年収をアップすると仕事も忙しくなるのか?」ということ。
実に素朴な疑問ですよね。
結論から言うと、必ずしも「高年収=多忙」とはならないということを知ってください。

意外ですか?そうでもないですか?
看護師が年収をアップするパターンはだいたい決まっています。

がん認定看護師などの資格を取得して専門性に対して手当をプラスしてもらう方法。
もう1つは師長や部長といった役職に対しての手当をプラスしてもらう方法。
最後は、基本給そのものが高い医療施設へ転職することです。

これを見てわかるように、仕事の量と年収が必ずしも一致しているわけではないのです。

「いやいや師長とか部長は現場の仕事以外に管理職としての仕事が増えるから忙しくなるでしょう」と思うかもしれません。

でもそれは必ずそうではないはずです。
あなたの勤務先の上司を見ていればわかるかもしれません。
管理職になれば管理職の仕事はするけれど、入浴介助とかやっていませんよね。
これは立場にあった仕事があり、それを全うしているだけということです。

確かに専門性や経験が無いとできない仕事もありますが、仕事量で考えると、特別忙しくなるわけではありません。
だからもしワークライフバランスを考えて、年収をアップさせたいなら、スキルやキャリアをアップさせることがおすすめなんです。

逆に現状のスキルや経験で基本給を高く支払ってくれる病院への転職は、忙しくなることを覚悟した方がいいです。
他の病院よりも高い給料を払ってでも看護師を雇いたいということには、必ず理由があるからです。
いろいろ概要的なことは書きましたが、実際にどうなのかということは、あなたの現状のスキルやキャリアを客観的に査定することと、勤務先や転職候補の医療機関の給与システムや労働条件・環境を調べて総合的に判断するのがいいと思います。

1つ言えるのは、忙しいのと給料が高いことは必ずしも一致しません。
これは力を入れてお伝えしておきます。
貧乏暇なしとはよく言ったもので、安月給でこき使おうとする病院はたくさんありますからね。
転職するにせよ、しないにせよ、その辺はよく見極めて選択したほうがいいですよ。