目覚めさせるために作られた育毛剤

育毛剤の多くは、栄養を頭皮の細胞や毛根へ届けることを目的に作られています。でももしAGAなどで毛乳頭が休眠してしまっていたとしたら、その方法では髪が生えてきそうにないということはわかりますでしょうか。理にかなっていないということです。
髪には誕生から抜け落ちるまでのサイクルである毛周期といのがあります。
髪はどうやってできるかというと、毛乳頭から発毛を指令するための情報と、必要な栄養が毛母細胞へ届けられることによって、毛母細胞が細胞分裂を起こして髪が誕生します。
誕生した髪は、毛細血管から送られてくる成分を吸収しながら成長し、男性で6年程度、女性で7年程度、かけてその一生を終えるんです。
毛母細胞が細胞分裂する回数は遺伝子情報できまっています。
もしなんのトラブルもなく正常にその情報が働くのであれば、実は誰も禿げたりしないということがわかってきています。
しかし最初に書いたAGA(男性型脱毛症)の場合には、ジヒドロテストステロンというテストステロンが5αリダクターゼの働きで変化したものが毛乳頭とくっついて、毛乳頭を休眠状態にしてしまいます。
そうなると毛母細胞へ送られるはずの発毛指令と栄養分が届かなくなり、新しい髪は生まれなくなります。
活動を停止した細胞は、人の体の掟とも言えるべき状態。つまりだんだんと小さくなり、しまいには活動を全くしなくなってしまいます。
この状態になってからでは、髪を取り戻すことはかなり困難です。もう無理と言った方がいいかもしれません。
なので早い段階で毛乳頭の活動を促してやる必要があるんです。
そのために開発されたのが薬用育毛剤ポリピュアという育毛剤です。
長鎖ポリリン酸という毛乳頭の活動を活性化し、毛乳頭から毛母細胞への情報伝達をサポートする働きをする成分を配合している、数少ない育毛剤がポリピュアなんです。
もし今の育毛剤で満足のいく結果が出ていないのであれば、原因は先ほど説明した発毛指令にあるかもしれません。
試しにポリピュアを使って育毛してみてはいかがでしょうか。