病気にならない体作り

今日は転職とか看護師の仕事のことではなく、私が普段から心がけている「病気にならない体作り」について書いていきます。
大それたことではないのですが、病気に罹り、辛い治療を受けたり、長い入院生活を送るようなことになると、せっかくの人生が台無しだと思うんです。
確かに生きていれば病気にも罹るし怪我もする。
それは予期できない部分が多く、誰だってそうはなりたくないわけですよね。
ですから予想できるところでの予防とか健康維持のための生活習慣を身に付けることが大事なんです。
今私が一番重視しているのが、水です。
飲料水はもちろんですが、料理や生活で使う水、全般に対して安全ということを重視して生活をしています。
そのためにまず飲料用、調理用としては宅配水のウォーターサーバーを自宅で利用しています。
検査基準とその結果を販売会社は公開しているので、安全面では水道局よりも信頼できます。
また宅配されてくる水のボトルは、災害時の備蓄としても使うことができます。
食事を作る時の調理全般にこの水を使ってしまうと、いくらあっても足りませんから、野菜を洗ったり、お米を研いだりするときの水は、浄水器を通したものを使っています。
我が家の浄水器は蛇口に設置したり、フィルター内臓の別タンクに水を通して浄水するタイプのものではなく、家に引き込まれる水道管に取り付けるタイプのものを使っています。
これの利点は結果的に経済的にお得ということと、シャワーをはじめ家全体の水を浄化することができるということです。
これがあれば水道水に含まれる塩素やカルキを取り除けますので、肌荒れの対策にもいいと言えるのです。
こんな浄水器を使っているのになぜ宅配水のウォーターサーバーを使っているのか?と思われるかもしれませんよね。
その理由は、浄水器を通した水には、必要なミネラルが入っていない可能性があるからなんです。
日本の水はもともとミネラル分の少ない軟水が多いですが、ミネラルは体の新陳代謝を促したり、他にも大切な役割を果たしてくれる成分です。
ですからミネラル分を補給する意味でも、宅配水のウォーターサーバーは理にかなっているわけです。
月々にかかる費用は、ペットボトルで水を買ってくるより安くすみますし、健康的にも有利です。
水に対する不安や、体調がすぐれないと感じている方は、まずウォーターサーバーを試してみるといいかもしれませんよ。