シャンプーを変えても変化なしの時には

地肌のにおいやべたつきが気になって、使っているシャンプーが原因なんじゃないかと取り換えることがあります。確かにシャンプーを変えると頭皮の状態が変わってきますが、あまりにもにおいやべたつきが解消できないなら、市販シャンプーじゃないものを試した方がいいかもしれません。
市販シャンプーじゃないというのは、スーパーやコンビニ、あるいはドラッグストアなどで販売しているシャンプーじゃないという意味で、けっして特注しようとか言っているわけじゃありませんのでご安心を。
地肌って毛穴が体の中で一番多いため、トラブルを抱えやすい場所なんです。
そして一度トラブルが起こると、なかなか改善できない場所でもあります。
こういった頭皮トラブルの原因として考えられるのは、皮脂膜を削り取ってしまうことによるものがひとつ上げられます。
石油系の洗浄成分や界面活性剤を使っているものは、油分やタンパク質を簡単に溶かしてしまいます。ですからそんなに強く洗っているつもりはなくとも、皮脂膜も地肌もダメージを受けている可能性があるのです。
また水道水に含まれるミネラル分や消毒薬による原因も考えられます。ミネラルの中でもカルシウムは、皮脂と混ざると脂肪酸カルシウムという落ちにくい汚れになります。ですからそれを分解できる成分が入っているシャンプーを使うことがいいですし、シャンプーヘッドは、浄水ヘッドに取り換えると、地肌のトラブルが解消されたり軽減されたりすることがあります。
脂肪酸カルシウムの分解には、活性ポリ乳酸がいいです。シャンプーの成分表の中に、ポリ乳酸とかCPLとか書かれているものを選ぶといいでしょう。
湿度も気温も高くなってきますから、今のうちから頭皮のトラブルは解決しておいたほうがいいですね。